TOPニュース現場からの一言 > 中国営業はお任せください
ニュース-製品ニュース一覧
 

中国営業はお任せください

上海事務所の開設から8年、2012年2月に中国現地法人『哈机械商貿(上海)有限公司』が設立されました。現在、現地人スタッフ男性4名、女性1名、そして日本人の出張者を含め日々、機械及び部品の販売、そしてテクニカルサービスを行っています。歯車を加工するホブ盤、歯車精度を測定する歯車試験機、半導体業界で使用されるラップ盤、金型材を加工する両頭フライス盤及び関連する部品などが対象の商品です。

中国を紹介します:

面積は9,600,000km2、ロシア、カナダ、アメリカに次ぐ世界第4位、人口は1,350,000,000人と世界の人口の約20%を占める大国です。
日本の面積で約25倍、人口で約10倍の広さ、大きさがあります。
56の民族、4つの直轄市(北京、天津、上海、重慶)、23の省(広東、浙江、福建など)、5つの自治区(内モンゴル、広西チワン族、チベットなど)から構成されています。
地域が異なれば生活環境、文化そして言葉が違います。商いの習慣も異なり、解釈の違いも度々あり、交渉事は簡単ではありません。中国人が中国人と商売をしているのに海外に居るような錯覚に陥る事もよくあります。
重要なのは『郷に入れば郷に従え』ということです。

仕事のやりがい:

現在の中国は、転換期にあり世界の生産基地から消費大国へと変革しています。
ここ数年、欧州の財政危機から始まり、人件費の高騰、人民元の高騰、輸出競争力の低下など目まぐるしく変化をしています。
沿岸部から内陸部へ、重慶市、四川省、河南省、湖南省などへ生産基地の移設もスピードを上げています。当社も今までは沿岸部を中心に営業活動を行ってまいりましたが、市場の変化と共に内陸部への開拓を始めております。『郷に入れば郷に従え』の精神でその地域でのやり方、情報を入手しながらまずは現地商社の開拓を積極的に進めています。

多くのお客様との商談で得た体験は宝です。
より一層の知識が蓄積され、知恵が生まれ、後の営業、サービス全てにおいてのノウハウとなり、交渉時の失敗の危険も少なく確実な交渉へと導いてくれます。
当社製品の引き合いや不具合の発生時から日本人との打合せ、客先との打合せ、見積書の提出、最終仕様及び価格の打合せ、全てにおいて日本語を使い、56の民族との交渉です。言葉が堪能であっても交渉は成立しません。相手の気持ちになり交渉する事を忘れてはいけません。
通訳、翻訳には毎日苦労をしていますが、やりがいも感じています。注文をとった時の達成感、これからもたくさん感じたいと思う毎日です。

机械商貿(上海) 経理 魏申

 
サイトマッププライバシーポリシー電子公告