TOP > 企業情報 > 沿革
企業情報-沿革
 
1921年 浜井次朗 浜井工業所(個人)を創立
1936年 「精密ホブ盤」の試作に成功
1938年 資本金30万円 株式会社浜井機械器具製作所を設立
1946年 商号を浜井産業株式会社と変更
1954年 「平面ラップ盤」の生産を開始
1963年 資本金1億2,500万円 東京証券取引所・市場二部へ株式上場
大阪営業所を開設
1964年 「全自動精密ホブ盤130A・40A」の生産開始
1965年 日本工作機械第一グループ(JMD)結成に参加
1969年 資本金5億円 足利工場・第一期工事完成
1970年 資本金7億円
1971年 足利工場・第二期工事完成
バトラー社との技術提携により「中ぐりフライス盤」の生産開始
1972年 輸出部門を独立 ハマイインタナショナル(株)を設立
1974年 本社社屋竣工
1976年 「高速強力ホブ盤SPシリーズ」の生産を開始
「立形マシニングセンタMCシリーズ」の生産を開始
1978年 「ラム形NCフライス盤MACシリーズ」の生産を開始
1980年 米国P&W社とOEM生産を開始  
足利工場・第三期工事完成
1982年 「立形マシニングセンタ3VA・5VA」 、「NC倣いフライス盤シリーズ」の生産を開始  
資本金12億3,050万円
1983年 「横形マシニングセンタ3HA」の生産を開始
1984年 北関東営業所を開設
「平面ラップ盤18BF」の生産を開始
1986年 西独チロンウェルケ社との技術提携による「立形マシニングセンタ・モデルFZ16型」の生産を開始  
日本鋼管(株)と業務提携  
資本金17億2,250万円
1989年 西独リーブヘル社と歯車機械に関する技術提携契約を締結
1993年 「平面ラップ盤22BF, 24BF, 28BF」の生産を開始
1994年 「平面ラップ盤16BF, 32BF」の生産を開始
1996年 「ラップ盤専用機HC-16」の生産を開始
1997年 「揺動式平面ラップ盤UN-700」の生産を開始
1998年 「16インチウエーハ対応研磨装置」の生産を開始(スーパーシリコン研究所に納入)  
「片面ポリッシ盤HS360」の生産を開始  
「超精密平面ラップ盤3〜9BN」の生産を開始  
「CNCホブ盤N100-II」の生産を開始
1999年 「CNCホブ盤N60」の生産を開始  
「超精密ラップ盤16BN」の生産を開始
2000年 「超精密ラップ盤24BN・32BN」の生産を開始  
「片面ラップ盤HS-470/630/840」の生産を開始  
ISO9001認証(LLOYD'S, JAB, UKAS)
2001年 明治機械(株)と業務提携  
資本金20億5,018.6万円  
CMP装置の生産を開始
2002年 「レンズ加工機HOC-15」の生産を開始
2003年 「超精密ラップ盤・ポリッシ盤46BN」の生産を開始
2004年 「レンズ加工機HOC-30VT」の生産を開始
2005年 「CNCホブ盤N80」の生産を開始
2006年 メンテナンス子会社 ハマイエンジニアリング株式会社設立
高速高精度加工「NCホブ盤N40」の生産を開始
2007年 米国ラップマスターインターナショナル社とラップ盤に関する販売提携契約を締結
2009年 スイス・シュナイダー社とホブカッターに関する販売提携契約を締結
2010年 「片面ポリッシ盤HS1200」の生産を開始
2012年 中国上海に現地法人 哈机械商貿(上海)有限公司設立
2013年 ファイングライディングマシン GRD/HLGシリーズ生産を開始
2014年 増資 新資本金 22億13百万円
富士機械製造(株)モジュール型生産設備「DLFn」のホブモジュールを共同開発。JIMTOFに出展。
 
サイトマッププライバシーポリシー電子公告